頭を抱える男性と薬を飲もうとしている男性
悩む男性とカプセル
心配している男性とカプセル
病原体

クラミジアを自分で治療するために、海外から抗菌薬を個人輸入して服用する方法があります。初期の性器クラミジア感染症であれば、最初にジスロマック錠を1回飲むだけで高い確率で完治させることが可能です。海外から治療薬を購入するために通販サイトにアクセスすると、ジェネリック医薬品のアジーという薬を購入することができます。アジーはクラミジアの治療で多く用いられている薬で、個人輸入通販サイトで入手することができますが、ジスロマックの半額かそれ以下の安い値段で入手できます。アジーはインドにあるシプラ社という製薬メーカーが製造・販売しており、この会社は多くのジェネリック医薬品を製造していることで知られています。

一般的に商品の品質と値段は比例しており、高価な品物のほうが機能・耐久性・安全性など品質面で優れている場合が多いです。これに対して医薬品の世界では、値段と品質は必ずしも一致する訳ではありません。医薬品には先発医薬品と後発(ジェネリック)医薬品の2種類があり、販売価格が大きく異なります。ジェネリック医薬品には先発医薬品と同じ有効成分が配合されており、配合量も同じです。このため、薬の服用方法・効果・安全性は先発医薬品と全く同じですが、先発医薬品の販売価格には研究開発費用や特許料が含まれているので、高価です。一方、ジェネリック医薬品は特許切れの有効成分が配合されているので、商品の開発費用が少なくて済むことから安価で販売されています。

アジーの有効成分の種類と量は先発医薬品のジスロマックと同じなので、薬の効果や安全性の点では同じです。有効成分であるアジスロマイシンは既に特許期間が終了しているので、製造・販売の際に開発企業にライセンス料を支払う必要がありません。このため、アジーはジスロマックよりも安い値段で販売されています。

アジーの値段は安いですが、先発医薬品と比べて薬の効果や安全性の点で品質が劣るといったことはありません。インターネット上の口コミサイトには、実際にアジーを使用した経験のある人の感想が書き込まれており、クラミジアを治すことができたという報告が多数寄せられています。アジーの効き目や安全性は先発医薬品と同じなので、性器クラミジア感染症を治療するために、あえて高価なジスロマックを選ぶ必要はないでしょう。

先発医薬品のジスロマックは、1錠あたりに含まれる有効成分量が250mgと500mgの2種類があります。アジーの場合は250mg・500mg錠に加えて1000mgのタイプも選べるので、クラミジアの治療をする時はアジーのほうが便利です。

記事一覧
クラミジアに感染した時に女性と男性で症状に違いはあるのか? 2020年06月26日

クラミジアの病原体は人間の性器・喉(のど)・目などの粘膜に感染して、その後炎症を起こすことで発症することが知られています。最も患者数の多い性器クラミジアは、男性と女性で症状に違いがあるので注意が必要です。男性・女性ともに病原体に感染すると、1週間~1ヶ月ほどの潜伏期間が続いてから発症します。感染して...

女性の多くは無症状である事が多いクラミジアになってしまう原因とは 2020年06月08日

クラミジアの特徴は、淋菌感染症などの他の性病と比べて潜伏期間が長いことと、発症初期は自覚症状が出にくいので病気に気づきにくいことです。これは男性と女性の両方にあてはまりますが、特に女性患者は発症直後も無症状の割合が高く、全体の約8割と言われています。潜伏期間中や発症初期の段階でも他の人に感染する可能...

クラミジアを治療できるアジーを使用した時に副作用がでる事はあるのか? 2020年05月20日

アジーの有効成分のアジスロマイシンは、副作用が出にくくて安全性が高い抗生物質として知られています。アジスロマイシンはペニシリン系の多くの抗生物質と比べてアレルギー反応が出にくいので、多くの人が安全に服用することができる薬です。アジスロマイシンを含むマクロライド系抗生物質は、腸内細菌に対する影響が少な...

クラミジアを完治させる時に使用したいアジーの値段はどのぐらいするのか? 2020年05月09日

自分で薬を取り寄せて病気の治療をする場合は健康保険が適応されないので、全額自費負担になってしまいます。治療費を節約するためには、できるだけ安い値段で薬を購入する必要があります。病院に行かずに自分でクラミジアを治したい場合は、ジェネリック医薬品のアジーを選ぶことで治療費を大幅に節約することができます。...