• ホーム
  • 女性の多くは無症状である事が多いクラミジアになってしまう原因とは

女性の多くは無症状である事が多いクラミジアになってしまう原因とは

薬を持っている様子

クラミジアの特徴は、淋菌感染症などの他の性病と比べて潜伏期間が長いことと、発症初期は自覚症状が出にくいので病気に気づきにくいことです。これは男性と女性の両方にあてはまりますが、特に女性患者は発症直後も無症状の割合が高く、全体の約8割と言われています。潜伏期間中や発症初期の段階でも他の人に感染する可能性があるため、本人が気づかない間に他の人に病気をうつしてしまうケースが少なくありません。

クラミジアは細菌感染症なので、病気になる原因は病原菌に感染することです。病原菌に感染する原因として考えられることは、性交渉で性器や口などの粘膜同士が接触することです。クラミジア菌は人間の粘膜の細胞に感染して増殖するので、性交渉の際に粘膜同士が接触するだけで他の人にうつります。性分泌液や体液に接触しなくても、粘膜の細胞が付着するだけで感染するので、より注意しなければなりません。病原菌は性器以外にも喉(のど)の粘膜にも感染するので、オーラルセックスをすると口と性器の間で双方向に伝染が起こります。

クラミジアに感染する原因で多いのは、コンドームを使用しないで性交渉(オーラルセックスも含む)をすることです。性器性交であれば、性器の粘膜が接触することで病原菌に感染します。オーラルセックスでもコンドームを使用しなければ、病原菌が口を通して喉の粘膜に感染してしまいます。男性よりも女性のほうが咽頭クラミジアの感染率が高いことが知られていますが、主な感染原因はオーラルセックスです。

オーラルセックスやアナルセックスは避妊をする必要がないので、コンドームを使用しないで行なわれるケースが少なくありません。性風俗店でも、性器性交以外の性行為はコンドームを着用しないでサービスが行なわれるケースが多いようです。日本では、避妊の必要がない性行為を通してクラミジアや他の性感染症になるケースが少なくないので、感染しないよう注意することが必要です。

クラミジアにならないようにするためには、病原菌の感染経路を知ることが大切です。クラミジア菌は粘膜が接触するだけで高い確率で感染が起こるので、性行為の際にコンドームを使用することで予防効果が期待できます。複数の相手と性交渉をしたり頻繁にパートナーを変えると、クラミジアに感染する危険性が高くなります。近年は、出会い系アプリを通して知り合った人と性交渉をして病気に感染するケースが増えています。感染予防のためにコンドームを使用する方法もありますが、セーフセックスを心がけることも大切です。