• ホーム
  • クラミジアを完治させる時に使用したいアジーの値段はどのぐらいするのか?

クラミジアを完治させる時に使用したいアジーの値段はどのぐらいするのか?

ウィルス

自分で薬を取り寄せて病気の治療をする場合は健康保険が適応されないので、全額自費負担になってしまいます。治療費を節約するためには、できるだけ安い値段で薬を購入する必要があります。病院に行かずに自分でクラミジアを治したい場合は、ジェネリック医薬品のアジーを選ぶことで治療費を大幅に節約することができます。

気になるアジーの販売価格ですが、日本人向けの個人輸入通販サイトを利用して1回分(1000m錠)を購入する場合は、送料込みで2千円前後です。これに対してジスロマック(500mg錠×3個)を購入する場合は、倍の4千円前後となります。1回分でも先発医薬品と比べて約半額で購入できますが、アジーを数回分のセットでまとめて購入すると割引価格が適用されます。アジー(1000mg錠)の7回分のセットを選ぶと、合計で3千円ほどになります。まとめ買いをすることで、1錠(1000mg錠)あたりの値段は500円かそれ以下になるのでかなりお得です。

病院で診察を受けてジスロマックを処方してもらうと、健康保険が適応されるので3割負担です。それでも薬代以外に診察料・検査料などが加算されるので、トータルで支払う金額は1万円近くになってしまいます。ちなみに、2019年10月時点で厚生労働省が告示したジスロマック(250mg錠)の薬価は223.1円なので、クラミジアの治療をする場合の薬代は892円となります。ちなみにアジー(1000mg)を利用すれば、1回分の治療費が500円前後になります。単純に薬価だけを比較すると、アジーの値段は安すぎるという訳ではなく妥当な金額といえます。

まとめると、クラミジアを治すための方法として、病院やクリニックに行って治療を受ける以外にも、先発医薬品のジスロマックを海外から個人輸入して入手することも考えられます。さらに、ジスロマックではなくてジェネリック医薬品のアジーを選択することで、治療費を大幅に節約することができます。

薬は海外から発送されるので、注文してから手元に届くまでに1週間~10日ほどの日数がかかります。このように時間がかかるため、自分で医薬品を個人輸入して安い費用でクラミジアを治す場合は、病気になる前に薬を購入して備えておくことが大切です。アジーを購入する際に1回分ずつバラで注文すると送料の分が割高になってしまうので、治療費を節約するためには数回分をまとめ買いをする必要があります。また、年間あたりの医療費のための支払額が10万円を超えると医療費控除を申告することができるので、薬を購入した時は明細書や領収書を捨てずに保管するようにしましょう。