新車購入体験談

三菱ekワゴン(中間グレードのMタイプ)の購入

現在45歳、自動車部品製造メーカーに勤務する男性です。昨年秋に、それまで10年以上乗っていた三菱のパジェロがエンジンに空気を送るモーターとそれを制御するECUが故障してしまい、掛かる費用を考えた末にパジェロを廃車にし、新たに車を買い換えることにしました。

最初から「この車」と決めていた車種はなく、パジェロを廃車にすると決めてから毎週末は、各メーカーのディーラーへ行っての、試乗と見積りを取って回りました。頭金として入れられるまとまったお金もなく、毎月の支払いをなるべく少なくしたいとの思いから、「残価設定ローン
」で購入することを前提で見て回ったのです。

購入を検討する候補の1つとして、新古車を多く扱う店舗も見て回りましたが、今回「これはお買い得!」と思える車に出会うことはなく、パジェロを購入し最後は廃車の手続きをした馴染みのディーラーで、新たな車を購入することに決めました。

今回購入したのは、三菱のekワゴンの中間グレードのMタイプ。何だかんだと縁があるのかなと感じるディーラーで、気兼ねなく相談出来たりしたのも1つでした。グレードをMタイプにしたのは、標準でセカンドシートとリアのガラスが、プライバシーガラスになっているのが魅力だったからです。正直、価格重視で選んでいたので、もしも一番低いグレードにもプライバシーガラスが採用されていたら、そちらを選んでいた可能性もあります。

三菱のフラッグシップカーとも言って過言ではないパジェロから小さな軽自動車への買い換えとしたのは、当然のことながら税金・保険などの維持費の安さに加え、最近の軽自動車の燃費の良さです。パジェロに乗っている時は、街中での走行が多い場合などには、リッター5Km前後という燃費の悪さでした。それを承知で、悪路なのど走行性や大きな車体であるが故の荷物の積載量などが魅力だった訳ですが、やはり長く車に乗る以上、大事なのは維持費の安さだとつくづく考えさせられました。

実際に乗り始めて気に入っている点は、アイドリングストップの効果もあり、燃費が良いところだと思っています。以前のパジェロと比較するのが可笑しいかもしれませんが、実に3倍近い燃費性能をありがたく思っています。車も小さくなって、妻も買い物等自分で運転する際は運転しやすそうです。

ただ、これまでのパジェロの積載量と比べると、お買い物用のくーらーBOX1つ積むのがやっとなので、この点はガッカリなのですが、そもそも軽自動車なので致し方ないと思っています。
折角買い換えた新しい軽自動車の三菱ekワゴンは、妻と二人「禁煙車にしよう」と宣言し、この先末永く綺麗に使っていこうと思っています。"